1. TOP
  2. 新着情報

第13回元気げんき祭り開催案内

映画上映会開催模様

台風の為延期になっていた「ふるさとがえり」の上映会を12月3日(日)広瀬地区交流センターで開催しました。この上映会は「ふるさとひろせ」について地域の方に問いかけ、人と人のつながりが更に深まればとの思いで企画しました。上映中はハンカチで目頭を押さえる人もおり、上映会終了後多くの人から感動の言葉がたくさん集まりました。

年末年始特別警戒隊の発足式参加

11月30日宮崎北警察署年末年始特別警戒隊に我が青パトも参加し市中パレードを行いました。

『小さな親切』実行章

平成29年5月17日に広瀬小学校区地域づくり協議会杉村實
前会長が『小さな親切』実行章を受章しました。この実行章は
昭和38年に発足、全国の多くの皆さんの「まごころ」に支えられて
54年間歩んできたもので、「できる親切はみんなでしよう、それが
社会の習慣となるように」を目標に全国で運動を展開しているものです。
 杉村前会長は10年間、約500名の地域の子供達の安全・安心をみまもって
こられました。今回の受章に「多くの子供達から元気と感動をもらって
感謝しています」と話されています。またこの実行章には「あなたの親切は社会に
あたたかな心の輪を広げました」とあります。「今までみまもり活動を経験されてない
方、ぜひ活動に参加してみて下さい。得るものが大きいですよ」とも話されて
います。

参観日託児

 小学校の参観日に幼児たちを学校内の特別室で民生委員やシニアボランティアの方が預かるもので、保護者から「参観がゆっくりできる」と大変喜ばれている事業です。平成29年度は7日間を予定しています。本日は4月18日に実施、10名の幼児たちは準備されたおもちゃで楽しく遊んでいました。この事業は学校からも感謝されています。ボランティアの皆さんご苦労様でした。

 

広瀬小学校区地域づくり協議会平成29年度総会開催

平成29年4月13日広瀬地区交流センターに来賓10名、会員60名、役員18名が出席して以下の議題で総会を開催しました。
 ①平成28年度事業報告 ②収支決算・監査報告 ③平成29年度事業計画(案) ④収支予算(案)
 ⑤会長辞意に伴う正副会長選出
・事業計画は、くらし安全部会、まちおこし部会、きょうど文化部会、自治会部会、協議会統括部会の5部会がそれぞれ発表し承認を得ました。
・収支予算については、地域コミュニティ活動交付金1,963,807円、地域まちづくり事務局運営費補助金1,912,000円、自主財源796,358円のそれぞれの収支計画が承認されました。

以上の内容を基盤として、平成29年度の地域づくり活動を推進してまいりますので引き続きご支援をよろしくお願いいたします。

「第12回元気げんき祭り」開催

去る2月26日に当協議会のビッグイベントである元気げんき祭りを佐土原体育館で開催、約500名が参加して軽スポーツを楽しむと同時に親睦を深めました。                    競技種目は ①ドッチビー(円盤を使用してのドッジボール)、②玉入れ、③スポーツバイキング(卓球、ミニテンス、輪投げ、ボーリングなど8種目)、④グラウンドゴルフリレー、⑤障害物競走です。この内③スポーツバイキングはNPO佐土原スポーツクラブを協力を得ました。競技が始まると館内は応援と歓声の渦、特に子供達の元気がさく裂し大いに盛りが上がりました。競技が終了しカレーライスの振る舞いに長蛇の列、調理ボランティアのご婦人達もテンテコ舞、500食が提供されました。その後、抽選会、せんぐ撒き、抽選会と続きフィナーレ!多くの方々に楽しんで戴いたイベントでした。特に佐土原高校生、広瀬中学生ら20名を超えるボランティアが大会をサポートしてくれ、大会がスムースに運営されました。それぞれの学校関係者、生徒の皆さんにこの場を借りてお礼申しあげます。

 

          

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成28年度 第2回河川パトロール

平成29年2月23日に表記パトロールを実施しました。これは佐土原区域内の河川6ヶ所(一ツ瀬川水系3ヵ所、石崎川水系3ヶ所)を巡回し、採水及び水質検査するもので河川の浄化及び環境保全を図るもので、各地域づくり協議会を中心に14名の委員からなります。会員は6ヶ所の河川で採水して水温、外観、臭気、透視度、PHを測定し、BODや大腸菌群数などは専門の機関で測定します。平成28年9月の測定では全て基準をクリヤし問題個所はありません。この測定は年2回実施されます。皆さんの水質浄化への取り組みに期待しております。

広瀬小学校における「昔の遊び」授業

1月26日(木)9時に広瀬小学校1年生の120名が多目的ホールに集合、地域の高齢者20名と対面しました。これから小学校恒例の「昔の遊び」授業の始まりです。本日は「福笑い、カルタ、竹馬、羽根つき、スゴロク、竹とんぼ」のコーナーが教室、体育館などに設けられました。児童達は時間を区切って順に各コーナーを回るのです。高齢者達は自分の孫と遊ぶ感覚で楽しそうに指導していました。どのコーナーでも児童達の目は輝き、じつに楽しそうでした。地域の高齢者と児童とのふれあいの視点からも大変興味ある企画です。地域の皆さん、学校の先生方、ご苦労様でした。なお、このイベントは27日18時10分からのNHKテレビで紹介されます。

平成28年度市民と市長の意見交換会「ふれあいトーク」開催

 平成29年1月19日に佐土原総合文化センターで恒例の「ふれあいトーク」が開催されました。これは市長が市民からい直接地域住民の市政に対する意見を聞くもので、5つの地域づくり協議会会長に他の5団体の代表を加えた10名が参加しました。先ず各地域づくり協議会からそれぞれの課題を発表、意見交換して後に傍聴者からの意見、質問もあり、有意義なトークでした。