1. TOP
  2. 新着情報

広報ひろせ第40号

今回の主な記事は、
  ・平成26年度総会開催
  ・広小・広中合同避難訓練
  ・各自治会での津波避難訓練
  ・きらり輝き人
  ・石崎浜海岸清掃
  ・「小さな親切実行賞」受賞 

  ・ボランティア募集 などの記事が満載です。

左側の「PDF・広報ひろせ」をクリックしてご覧下さい。

佐土原町域防災訓練

6月15日(日)に佐土原域で防災訓練が行われ、各自治会の「自主防災隊」、消防団、消防署が参加しました。訓練の内容は、朝9時に避難警報により各自治会での避難訓練実施、ついで佐土原支所に集合して①人体蘇生訓練、②防災資機材の取り扱い、③起震車による地震体験などでした。特に各自治会に設置された防災資機材の取り扱い指導は大変参考になり、平素からの訓練の必要性を感じさせるものでした。

EM活性液づくり

 当協議会主催で「EM活性液」をつくりました。この日は予想を大きく超える約40名の方々が参加、EM菌による環境改善への関心の深さを感じました。このEM菌は無農薬有機栽培を可能にしたり、塩素処理せずにプールや河川の浄化を可能にする力があります。家庭菜園や畑に使うと大きな美味しい野菜が、色鮮やか、花数が多い花が育ちます!具体的な作り方は、EM液20ccを米のとぎ汁2L(ペットボトル)に加え、さらに糖蜜20ccを加えて混合します。このまま冷暗所で1週間保存して完成です。当協議会では毎年の行事として7月20日、石崎川にこのEM活性液を小学生の手で散水、河川浄化に役立てる計画です。参加していただいた皆さん、ご苦労様でした。EM菌に関する詳細は→http://www.emj.co.jp/shopping/katsuyou01.html

・EM菌についての説明

予め準備した米のとぎ汁

市販のEM菌

「子どもみまもり隊」連絡会議開催

6月11日に表記の会議を開催しました。参加団体は・・・
・学校・PTA・民生委員・自治会・みまもり隊の約70名の皆さんです。
話し合った内容は・・・
・北警察署による安全講話、みまもり時の課題、みまもりのマニュアル、児童の誘導の方法などです。
幸いに佐土原町域ではここ数年登下校時の交通事故は発生していません。これもみまもり活動の成果だと評価できます。
今後注意することは、みまもり隊自身の安全確保、簡単な交通ルールの理解、服装などです。参加者のみまもり活動への熱意を感じることができた大変有意義な会議でした。

 

前牟田自治会の広報誌発行

広瀬小学校区の前牟田自治会(会員129世帯・)では地域活性化を目的として広報誌「まえむた」第1号を発行しました。この広報誌は自治会会員の手作りで、発行に当たって川俣 修自治会長は「地区の皆さんとの連携を図り、地区活動への理解を深めて戴きたい」と期待されています。広瀬小学校区では23自治会がありますが、このような広報誌発行は初めてです。今後、さらに内容充実されんことを願っています。

↓ ここをクリックしてください。
20140609111115.pdf

Facebookを開設しました。

Facebookを開設しました。ご自由に参加してください。

Facebookの「友達を検索」個所に「広小 協議会」と入力してください。

または、以下のURLをクリックしてください。

https://www.facebook.com/hirosyo.sadowara

花づくりによる地域づくり

 毎年この時期には広瀬地区の各自治会、諸団体により一斉に花植えが行われます。今年も6月7日に宮崎市から支給された花の苗を多くのボランティアで植えました。場所は市道駅那珂線沿いです。広瀬台自治会では見守り隊(10名)と親子会(保護者20名、児童30名)とが協働して250鉢の色とりどりの苗を植えました。この行事は10年間続いており、年2回で11月にも予定されており、駅那珂線を利用する多くの市民を楽しませることでしょう。各自治会、諸団体の皆さん、ご苦労様でした。

親子で一緒に花植えです

公民館前の花壇にも植えました

駅那珂線沿いに植えられた花々

「小さな親切」運動で表彰を受けました

佐土原町大炊田地区の15名の団体「高嶺会」が長年に亘る地域活動に対して「小さな親切」運動宮崎支部事務局から5月16日に表彰を受けました。その活動は、月に数回集まって踊りの練習をしています。特に、約60年ぶりに復活した「広瀬音頭」は広瀬小学校・中学校の運動会で披露され、子供達も輪になって楽しく踊るなど伝統文化の継承に大いに貢献されています。それ以外に、「長生きサンバ」、「花は咲く」など自分たちで振り付けを工夫しながら町内のイベントや老人施設の慰問などで皆で楽しく踊っています。講師役の斉藤幸子さんは「体が動くうちは踊り続けますよ」と笑顔で今日も練習に余念がありません。「高嶺会」のみなさん、受賞おめでとう!!

石崎浜海岸清掃に参加しました

 5月17日(土)に国交省主催のビーチクリーン作戦が展開されました。これは毎年実施されるもので、この地の名物である「アカウミガメ」の産卵時期を5月に末に控えて、産卵しやすく海岸を整備するものです。当日は約400名ものボランティアが8時に集合、約1時間30分ゴミ拾いしました。今年は昨年に比べると粗大ゴミがなく全体としてきれいな海岸でした。この清掃に合わせるように前日に本年第1号の産卵が観察されています。この海岸では毎年5,000個の産卵が観察され、8月ごろには毎早朝に孵化した子ガメの旅立ちが観察されます。皆さんもぜひお出かけ下さい。

広小・広中の合同避難訓練

5月9日(金)に大地震発生+大津波警報発令との想定で、小学校生徒約640名、中学生約350名と近隣地区のみまもり隊とともに校舎の3階に避難する訓練が行われました。先ず、14:10に大地震発生→小中学生はそれぞれにグランドに避難開始、続いて14:15に大津波警報発令、小学生、地域住民は広瀬中校舎3階、その後消防からの講評と続きました。「災害から身を守るには、各自が少しでも早く適切に避難することが重要」との内容で整然と集合、移動がなされました。近隣地区(旭町、東町、松小路、広瀬台)からはみまもり隊が参加、避難時の一般道路での安全確保に協力するとともに、中学校舎の3階に非難しました。年1回の訓練ですが、大変意義のある訓練でした。協力して戴いたみまもり隊の皆さん、ありがとうございました。

一斉にグランドへ

グランドに整列

整然と中学校へ避難します