1. TOP
  2. 新着情報

青パト寄贈を受けました

 当協議会かこの7月に発足させた「青色回転灯装備車による防犯パトロール」(青パト隊)による地域の安全・安心への取り組みは20名の会員の協力を得て順調にスタートできました。パトロールに使用する車は各人の自家用車を使用し、ガソリン代だけを協議会が負担していましたがこの度、当地域内の企業ホンダロック(株)様からパトロール車の無償提供の申し入れがあり、12月25日に引渡しを受けることができました。これで防犯パトロールにも機動性が発揮でき、高齢者、子供達の見守りにも大いに役立てたいと考えます。寄贈していただいたホンダロック(株)様有難うございました。→ホンダロック(株) 社長 茂櫛様より寄贈を受ける

第12回なんじゃこら杯開催

23日の祭日の日に佐土原町内の5つの小学校5~6年生の男女児童約300名が佐土原体育館でソフトバレー交流大会を開催しました。主催は5つの小学校PTAです。子供達の元気な声が体育館に響きわたり、来賓として参加しましたが大いに元気をもらいました。こうして佐土原町域の小学校が交流を深める取り組みは宮崎市内でも大変珍しいもので、この大会が今後も続けられることを望んでいます。まさにスポーツによる地域づくりの姿ですね・・・・・・。

宮崎海岸侵食対策工事見学会

去る12月14日、大炊田浜で国交省主催の上記見学会が開催され参加してきました。このエリアは海岸の浸食が激しく年に2.2mの速さで海岸線が後退しています。一度、観察してみて下さい、「海岸が失われていく」様子に驚かれることでしょう。そこで、現在に至るまで巨費を投じて種々な対策を講じられましたが、効果が認められず今回「サンドパック」工法が採用されることになり既に現場での工事が始まり来年の3月には完成します。この工法は幅4.3m×高さ1.5m×長さ20mの巨大な砂袋(サンドパック)を2段重ねにして海岸線に沿って埋設するもので、日本で始めての工法でその効果に注目されています。→約100人が参加しました。→職員による説明会→巨大な「サンドパック」が設置された様子、この後、砂で覆って埋設します→「サンドパック」には海水とともに砂を充填、その後海水を抜き出します。

年末役員懇親会

12月15日(日)当協議会役員会を兼ねて年末役員懇親会を開催、12名が参加しました。先ず役員会では当面のスケジュールの確認があり、続く会長挨拶で本年1年の役員の支援、取り組みに謝意が述べられ、乾杯!賑やかに宴会が始まりました。こうして役員が一同に会する事が殆ど無いことからあちこちで車座になって楽しい時間が進んでいきました。今後もこのような懇親会を持ち役員間の意思疎通を図っていく計画です。参加者の皆さん、ご苦労様でした。

宮崎北警察署年末警戒隊発隊式

去る11月29日10時30分から北署にて表記発隊式が行われ、宮崎北署管内で結成されている「青パト隊」の代表が参加、当協議会からも青パト隊が参加しました。重大な事件事故の発生が懸念される年末年始を迎えるに当たり「年末年始特別警戒隊」を編成、編成式典の終了後、白バイ、青色パト隊、パトカーが整列、宮崎市内の繁華街をパレードし、広く市民にPRしました。P1010766.JPGP1010763.JPG38390-1.jpg

広報HIROSE38号をアップしました

自主防犯青色パトロール活動スタート、グランドゴルフ競技による自治会の交流、石崎川へのEM活性液投入とカヌー教室、自治会による高鍋・日向の地域づくり先進地視察研修、多彩な演技を披露した第4回文化芸能まつり、子ガメ観察会などの楽しい記事が満載です。お楽しみ下さい!

広報 ひろせ38号をアップしました

自主防犯青色パトロール活動、グランドゴルフ競技による広小校区自治会の交流、石崎川カヌー教室、自治会による高鍋・日向の地域づくりを視察研修、第4回文化芸能まつりなどの楽しい記事が満載です。お楽しみ下さい!

佐土原地区交流センター落成式

11月17日に佐土原中学校区に建設された宮崎市で6番目の地区交流センターの落成式が約150名が参加して賑やかに開催されました。この交流センターには、多目的ホール、遊戯室、高齢者ふれあい室、和室、図書室、学習室と料理実習室とからなり、地域住民の生涯学習、まちづくり活動の拠点となるものです。以下の3枚は落成式の様子です。P1010740.JPGP1010749.JPGP1010755.JPG以下の3枚の写真は、平成27年に完成予定の広瀬中地区公民館の構造です。    当地域づくり協議会事務所も含まれます。今から楽しみです。 資料2.jpg資料3.jpg資料4.jpg                   資料2.jpgの事務所もじじむの活動活動  ひひ 

 

広瀬中学校地域ボランティア「お助け隊」

先週予定だったのが雨で順延して11月17日(日)に実施しました。これは広瀬中の生徒達が地域ボランティアの一環として石崎浜周辺のゴミ拾いをするもので、この生徒達を支援する地域の方々も参加します。この日は生徒約140名がAM7時40分に中学校に集合、地域づくり協議会役員の先導で徒歩スタート、30分で目的地のなぎさ橋に到着、開会式の後3班に分かれて作業開始。約1時間の間に100袋を超えるゴミの入ったビニール袋が回収されました。地域の人達はこれらを選別、軽トラ3台に積んでエコクリーンプラザへと搬入、中学生によるボランティア活動が終了しました。中学生、地域の皆さん、ご苦労様でした。お陰で石崎浜は随分きれいになりました。今年は石崎浜の清掃に加えて郷土の偉人「島津啓次郎」が眠る墓地を清掃しました。普段訪れる人の少ない墓地は草が生い茂っていましたが、中学生の作業できれいになりました。最初の写真は開会式の様子です。最後の写真は「島津啓次郎」の墓地の清掃の様子です。P1010737.JPGP1060215.JPGP1060331.JPGP1060217.JPGIMG_0438.jpg

協議会活動の自治会への説明会

11月16日に当協議会の自治会へのPRを兼ねた説明会を実施しました。訪問先は東町自治会で当日は25名の役員会の冒頭に約20分の時間を戴いて、協議会の設立理由、自治会との関わり、協議会の活動内容などについてスライドで説明しました。皆さん熱心に説明を聞いていただきました。東町の役員の皆さん、貴重な時間をありがとうございました。協議会活動への積極的な参加をお待ちしています。P1010727.JPGP1010730.JPGP1010733.JPGP1010734.JPG