1. TOP
  2. 新着情報

広瀬小学校1年生と昔の遊び体験

 1月28日に広瀬小学校で表記のイベントがありました。以下の4つのコーナーを設け、各コーナーには地域づくり協議会会員の高齢者ボランティアが計30名が待機、子供達が順に各コーナーを回りながらボランティアの指導を受けて昔の遊びを体験するものです。Aグループには「おじゃみ、あやとり、おはじき、福笑い」、Bコーナーには「神代ゴマ」を、Cコーナーには「けん玉、紙風船、まりつき」を、Dコーナーには「竹とんぼ、はねつき、缶ぽっくり、竹馬」のそれぞれ手作りの遊具が準備されました。子供達は約15分おきに各コーナーを回っていきます。小学校1年生対象でしたが、元気一杯、体育館を伸び伸びと走り回っていました。名人と呼ばれるボランティアも孫達と一緒になって遊んでる気分で楽しい時間を過しました。皆さん、ご苦労様でした。写真左上はあやとり、右上は紙風船、左下と右下は竹馬遊びの風景です。

平成28年 宮崎市広瀬中学校区成人式

1月10日(日)に佐土原総合文化センターで成人式を開催しました。新成人97名(男性51名、女性46名)が参加、会場は着物、羽織袴姿で華やいだ雰囲気に包まれていました。この成人式は各中学校区ごとに小学校区地域づくり協議会が実行委員会を組織し、運営に当たっています。さらに、中学生、ガールスカウト、民生児童委員、中学校PTA、中学校区在住の市役所職員(絆グループ)のボランティアで実行されました。新成人の皆さんは「キャー、ひさしぶり!」、「元気だった?」、「変わってないわね!」などと会場は笑いと歓声と興奮に包まれていました。しかし式が始まる水を打ったように私語も一切なく整然と参加していました。これは新成人10名を実行委員に加わってもらい、主体的に式の運営を担当してもらったことによるものと喜んでいます。新成人の将来に幸あれと祈るばかりの楽しくて厳粛な成人式でした。ボランティアで参加していただいた皆さん、ありがとうございました。

広報ひろせ第44号をアップしました

平成27年6月から11月までの協議会の各種イベントの様子などをアップしています。主な記事内容

  ・協議会設立10周年記念「昔の写真展」
  ・川南町自治公民館活動状況の視察研修
  ・文化芸能祭り「KInaiyo!!フェスタ 2015」
  ・広中お助け隊活動「石崎川清掃」
  ・石崎川カヌーで遊ぼう
  ・広小運動会
  ・自治会親睦グラウンドゴルフ大会 
※今後も地域住民の方々のイベントへの参加をお待ちしています。             
    (左側の「広報ひろせ」をクリックしてご覧ください)

 

4つの自治会が協働して「交通安全表示板」を設置

 

11月29日に子供達の通学路の安全を守るためにと、旭町、広瀬台、光が丘とひろせ台の4つの自治会が協働して「交通安全表示板」を設置しました。この交差点は児童50人が登下校、7時30分~45分の間の通過車両約100台で関連自治会の「みまもり重点エリア」です。これは光が丘自治会の自治会長が材料費だけで工事を請け負って戴いたもので、4つのの自治会長が総出で完成しました。このように複数の自治会が協働して安全・安心のまちづくりに取り組み事は本協議会としては初めてで、今後の活動の柱にしていく計画です。関係する自治会長の皆さん、ご苦労様でした。なお、このポスターは佐土原高校生のデザインによるものです。

石崎浜ビーチクリーン作戦

11月28日(土)早朝から佐土原町石崎浜に企業、団体など約600人が集結第17回クリーン作戦を展開しました。これは国交省の主催で年3回実施されます。この浜はアカウミガメの産卵で有名で、毎年多くの親ガメの遡上、産卵が観察されます。今回のクリーン作戦もアカウミガメの保護を目的としたものです。最近ではペットボトル、空き缶などのゴミは少なくなって流木が多く集められました。しかし残念ながら海岸を縦横に駆ける車、海岸の保護には全く無関心なのですね。これからもこの海岸を大切にしたいものです。

小学生によるみまもり隊感謝デー

11月27日(金)14時~広瀬小学校体育館で児童約600人、保護者、教員が集合して広瀬小学校区内のみまもり隊約50名を招待、日頃のみまもり活動への感謝する集いがありました。校長先生による「みまもり隊のお蔭で無事故で子供たちは安心して学んでいます」と感謝の挨拶の後、全校児童による「みまもり隊の皆さん、私たちを見守ってくれてありがとうございます。今日は日頃のお礼に私たちが練習した合唱、合奏を楽しんでください。これからもよろしくお願いします!」とのお礼の言葉に続いて、1年生全員による合唱、踊りと5年生による合唱、合奏を披露してくれ、みまもり隊一同、大いに楽しみそして感動しました。特にこの4月に入学、不安な表情でオドオドしていた1年生の自信に満ちた演技に、その成長ぶりに驚くとともにわが孫のように愛らしく目頭が熱くなりました。みまもり隊の皆さん、ありがとうございました。引き続き安全・安心の地域づくりにご尽力お願いします。

石崎川下流の清掃

 広瀬中学校地域ボランティア「お助け隊」支援事業として11月8日(日)に石崎川下流のゴミ拾いを実施、中学生約80名、地域住民約90名が参加しました。この日の清掃は、宮崎市全域の清掃日の「クリーン作戦」に合わせて実施したもので、周辺道路を含めて清掃エリアを3グループに分け約1.5時間の作業でした。集められたゴミは軽トラ2台に満載で、相変わらず捨てられるゴミの多さに驚きです。中学生を中心に分別して終了しました。中学生にとっては貴重な体験をしてもらえたと考えています。中学生、地域のボランティアの方々、有難うございました。

地域づくり協議会グラウンドゴルフ大会

秋晴れの10月25日(日)各自治会交流グラウンドゴルフ大会を開催、130名の地区民が広瀬地区交流センター横の石崎グラウンドに集まって日頃の練習の成果を発揮しました。同じ自治会で1チーム5名を複数チーム編成、他の自治会のチームと組んで10名が同じ組で競技する個人戦の大会です。皆さん、平素からGGに親しんでおられレベルの高い競技となりました。なんと、男子最高齢の方は96歳、女子は90歳でした。腰の曲がった方や足が少し不自由な方も元気な笑顔でプレーを楽しんでおられました。また来年もここでお会いしましょう!役員の皆さん、ご苦労様でした。

広小4年生が石崎川に魚を放流

平成27年度河川浄化啓発活動の一環として、佐土原河川浄化推進協議会と石崎川水系環境保全対策協議会の共催で①小学生に対する学習、②稚魚の放流及び③JAスーパーでの啓発活動を行いました。広瀬小学校区地域づくり協議会は河川浄化推進協議会に属しており、定期的に町内河川の水質検査を実施したり、水質浄化マットの敷設などを実施しています。この日は小学校で4年生約120名を対象に支所から「川をきれいにするために」の講話があり、続いて広瀬郵便局前の石崎川に移動して、ウナギ稚魚4,500匹とふな稚魚2,500匹が児童の手で放流しました。うなぎ稚魚を手で捕まえて川に放流する時には大騒ぎ、児童たちは大喜びでした。この行事は毎年実施されています。ところで、講話が終わると子供が質問しました。「稚魚を放流すると川がきれいになるのですか?」この質問に貴方なら何と答えますか??

10周年記念 昔の写真展開催

 10月10日~12日の期間、広瀬小学校区地域づくり協議会設立10周年記念行事「昔の写真展」を広瀬地区交流センターで開催、多くの来場者で賑わいました。
小・中学生の作文・絵画「自慢したい広瀬について」や協議会10年の歩み、宮崎及び広瀬地区の昔の写真など約200点を展示、昭和39年オリンピック聖火ランナーが10号線を駆ける写真に「これは私だ!」と声を上げる人、昭和20年代の小、中学生のセピヤ色の集合写真を見て「私が写ってる!」と懐かしがる高齢者、写真の前で「にわか同窓会」となって当時を振り返るグループなど、会場は楽しい雰囲気でした。地域住民に喜ばれた思い出に残る記念行事になりました。関係者の皆さん、ご苦労様でした。