1. TOP
  2. 新着情報
  3. トピック

第1回広小校区地域づくり協議会主催グランドゴルフ大会

 晴天に恵まれた体育の日(10月14日)に石崎運動場で協議会主催の第1回地域交流グランドゴルフ大会を開催しました。30チーム145名が参加、日頃の練習の成果を競いました。若い方も大先輩方もハツラツと和気あいあいのプレーを楽しまれ、あちこちのホールで地域を超えた交流の輪ができて皆さんの笑顔があふれていました。参加者の皆さん、スタッフの皆さんのご協力で大成功で終えることができました。これを機会に毎年の恒例イベントにして地域間の交流を活発にしたいと考えています。
 成績は次のとおりです。オメデトウございます。                               男性…1位 中野 広(大炊田)、2位 甲斐 嗣二(原口)、3位 野々垣 敬一(下片)、4位
斎藤 朝吉(大炊田)、5位 森山 重實
女性…1位 野々垣 弥生(下片)、2位 宮下 富士子(原口)、3位 小八重令子(旭町)、4
位 藤崎キヌ子(大炊田)、5位 長友 初子(原口)IMG_0413.jpgのサムネイル画像IMG_0423.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像IMG_0420.jpgのサムネイル画像
                                                                 

第4回文化芸能祭り開催!

Kinaiyo !  フェスタ

去る10月6日(日)に当協議会の最大のイベント「文化芸能祭り」を開催、住民の方々の平素の練習成果を発表していただきました。添付したプログラムの内容で、13組の演技者が見事な演技を披露、大ホールに集まった満員600名の観覧者の盛大な拍手を受けていました。中でも子供達のジャズダンス、シニアのフラダンス、日向木剣踊りなど、多様な演技に観客は大喜びでした。演技が終了して全員による「広瀬音頭」踊りは会場、出演者、小、中学生が輪になって舞台、会場を狭しと踊り、大成功の内に幕を閉じました。協力いただいた小、中学生、参加者の皆さん、協議会の役員の皆さん、ご苦労様でした。   IMG_0357.jpgのサムネイル画像                        IMG_0267.jpgIMG_0294.jpgIMG_0386.jpg写真:上から・・キッズダンス、日本舞踊、フラダンス、全員による「広瀬音頭」踊り                     

防災講話・AED体験・非常食試食

9月8日(日)当協議会主催の以下の内容の防災講話を開催し、自治会から約70名が参加、南海トラフ地震が話題になっているこの時期に防災の貴重な体験をしました。                                                                 ・        ①防災講話(北消防署)・・自主防災組織の役割について              ・        ②起震車体験(震度7の体験                              ・        ③AEDによる心肺蘇生講習(日赤・佐土原奉仕団                  ・        ④非常食の試食                                        特にAEDによる講習では、人工呼吸、心肺蘇生とAED操作のタイミングと各注意点について詳細に学習することができました。日赤・佐土原奉仕団の皆さん、お世話になりました。 ・                 講話の様子P1010531.JPGのサムネイル画像                       起振車体験  P1010532.JPGのサムネイル画像                       心肺蘇生体験P1010539.JPGのサムネイル画像                非常食(ケーキと炊き込みご飯)P1010551.JPGのサムネイル画像       

自治会先進地視察

 去る7月30日、当協議会では地域づくりの参考にしようと高鍋町西平原公民館と日向市平岩まちづくり協議会への研修を実施、20名が参加、他地域の特徴ある活動について理解を深めることができました。先ず、西平原公民館では館長が主導して公民館活動を活発化することから始め、多くの趣味の会を立ち上げることで住民が公民館に集うようになり、さらに情報誌「こんぴら」を発行して情報伝達が積極的になることで住民間の絆が生まれてきたことを説明されました。また、平岩地区では、市職員が積極的に地域活動に参加、事務局やキーマンとなり自治会との連携を結び付けている。このような取り組みは当協議会が従前より行政に要望していたものであり、その効果について大変参考にすることができた。この研修で得た成果を基に当協議会でも市職員との協働について取り組む計画である。今回の視察研修を快く受け入れていただいた、両地域の方々、改めてお礼申し上げます。有難うございました。                          写真は高鍋町西平原公民館IMG_0208.jpg写真は平岩まちづくり協議会IMG_0212.jpg

平成26年成人式実行委員会開催

 早いもので、8月30日に  成26年成人式実行委員  が立ち上げられました。これは広瀬中学校区成人式として平成26年1月13日に開催されます。つまり広瀬中学校を卒業した子供達が成人になったお祝いの式典です。実行委員には校区内で活躍されている各種団体の代表者に新成人5人を含む23人のメンバーが参加。本年もアトラクションの部は新成人が全面的に企画します。新成人は84名で参加率は略100%近くになる見通しです。この日の会議では、新成人の記憶に残る楽しい成人式とするため、色々なアイデアが出されていました。成人式は地域でお祝いするもの、当日は地域の皆さんの参加をお待ちしています。P1010522.JPGP1010523.JPG5人の新成人も加わって成人式の企画案が話し合われました。

平成25年度NHK夏期巡回ラジオ体操

8月12日に  宮崎市生目の杜運動公園をメイン会場に 、宮崎市内全小学校をサテライト会場にして、ラジオ体操が実施され 、ここ広瀬小学校校庭には約200名が参加、朝の澄んだ空気を胸一杯吸って、楽しんでいました。このラジオ体操は「宮崎市制90周年プレイベント」と銘うって実施されたもので、メイン会場からラジオ全国生放送されました.このラジオ体操には広瀬小学校区地域づくり協議会も応援しました。P1010470.JPGP1010467.JPG

アカウミガメ観察会

    8月11日(日)   佐土原町石崎浜は早朝5時から親子約130名で賑わいました。この日は毎年恒例のアカウミガメの観察会です。5時に開会式、続いて保護観察員の小豆野先生の説明のあと、この日の早朝に孵化した子ガメが砂浜に放たれると、一斉に海に向かって大行進、子供達の「ワ~~!」と言う歓声や拍手、感動の瞬間です。全ての子ガメが波間に消えるまで約30分、これからアメリカ西海岸を周回して東シナ海までの約20年もの大航海に立ち会うことができました。この日は今シーズンで最多の子ガメが孵化、参加者の感動もひとしおでした。子供達の夏休みに自然の感動を体験できるこの企画は来年も継続していきます。関係者の皆さん、ご苦労様でした。P1010446.JPGP1010451.JPGP1050709.JPG

青パト隊の出発式

 7月22日(火)に青色回転灯装備車による防犯パトロール(青パト)隊の出発式を行いました。この事業は当協議会の平成25年度の活動の柱になるもので、数年来待ち望んできたものです。ここに至るまでは、約30名の協力者への警察による講習会、使用車両、運転免許書の警察への登録など多くの時間が必要でした。この青パト隊は広瀬小学校区内を下校時に合わせて約1時間かけて周回します。警察、学校や行政の関係者が出席され、諸注意事項の確認の後、2台の車に青色回転灯、「パトロール中」と表示されたステッカーを装備し、参加者の盛大な拍手に送られ早速パトロールに出発しました。この活動は地域の安全・安心を守るとともに当協議会の名を住民の方々にPRできる絶好の機会だと喜んでいます。パトロール中、子供達に出会うとお辞儀して見送ってくれてのが印象に残りました。
関係者の皆さん、今までのご苦労に感謝します。P1010372.JPG

P1010379.JPG

若者の意見を聞く会・・・・・

 当協議会も設立7年目を迎え、今後の地域づくりについて考える段階に来ています。そこで、企画部では有氏を集め「若者の意見を聞く会」を誕生させました。この会は「地域づくり」に関して自由な意見交換の場として位置づけ、他地区の研修や、講師による学習などを計画しています。今回は百済の里づくり、諸塚村の地域づくりに関わって来られた「柴設計事務所」経営の柴氏を迎えての意見交換会でした。講師のご経験から建物などの「ハード」面からの地域づくりが主な内容でしたが、積極的な意見交換ができました。ボランティアには「汗を出すグループ」と「知恵を出す」グループが必要です。この会は後者にあり、新しい地域づくりについて提案していただけるのを期待しています。
P1010370 (2).jpgのサムネイル画像

P1010364.JPG

 

カヌー教室、EM培養液投入

晴天の7月21日、恒例のイベント、カヌー教室とEM培養液投入が石崎川で開催されました。このイベントは石崎川について学ぶことが目的で、水面に最も近いカヌーから水のにごりや匂いなどを観察するものです。先ず小学生約20名が集まったカヌー教室では、指導者による操作講習で基礎を学習、その後12曹のカヌーに乗り役500m上流までの往復を楽しみました。親子連れ、仲良し友達連れなど歓声が川面に響いていました。また、約1ヶ月前に小学生が教室で作成したEM培養液を上流の栄橋の上から投入しました。また、カヌーに乗ったグループも投入、石崎川の水質浄化について体験学習しました。この日は消防団による水難事故避難訓練なども同時開催、おぼれた人を救助する際の注意などについて説明を受けました。当協議会では、この後、石崎河川の清掃、石崎海岸の清掃に続いて8月11日には子ガメの観察会を計画しています。
このイベントに協力して戴いたNPO佐土原スポーツクラブ、半九レインボースポーツクラブと地域消防団の皆さんに感謝します。ありがとうございました。

P1010353.JPG

P1010356.JPG

P1010359.JPG

P1010363.JPG