1. TOP
  2. 新着情報
  3. トピック

小学生によるみまもり隊感謝デー

11月27日(金)14時~広瀬小学校体育館で児童約600人、保護者、教員が集合して広瀬小学校区内のみまもり隊約50名を招待、日頃のみまもり活動への感謝する集いがありました。校長先生による「みまもり隊のお蔭で無事故で子供たちは安心して学んでいます」と感謝の挨拶の後、全校児童による「みまもり隊の皆さん、私たちを見守ってくれてありがとうございます。今日は日頃のお礼に私たちが練習した合唱、合奏を楽しんでください。これからもよろしくお願いします!」とのお礼の言葉に続いて、1年生全員による合唱、踊りと5年生による合唱、合奏を披露してくれ、みまもり隊一同、大いに楽しみそして感動しました。特にこの4月に入学、不安な表情でオドオドしていた1年生の自信に満ちた演技に、その成長ぶりに驚くとともにわが孫のように愛らしく目頭が熱くなりました。みまもり隊の皆さん、ありがとうございました。引き続き安全・安心の地域づくりにご尽力お願いします。

石崎川下流の清掃

 広瀬中学校地域ボランティア「お助け隊」支援事業として11月8日(日)に石崎川下流のゴミ拾いを実施、中学生約80名、地域住民約90名が参加しました。この日の清掃は、宮崎市全域の清掃日の「クリーン作戦」に合わせて実施したもので、周辺道路を含めて清掃エリアを3グループに分け約1.5時間の作業でした。集められたゴミは軽トラ2台に満載で、相変わらず捨てられるゴミの多さに驚きです。中学生を中心に分別して終了しました。中学生にとっては貴重な体験をしてもらえたと考えています。中学生、地域のボランティアの方々、有難うございました。

地域づくり協議会グラウンドゴルフ大会

秋晴れの10月25日(日)各自治会交流グラウンドゴルフ大会を開催、130名の地区民が広瀬地区交流センター横の石崎グラウンドに集まって日頃の練習の成果を発揮しました。同じ自治会で1チーム5名を複数チーム編成、他の自治会のチームと組んで10名が同じ組で競技する個人戦の大会です。皆さん、平素からGGに親しんでおられレベルの高い競技となりました。なんと、男子最高齢の方は96歳、女子は90歳でした。腰の曲がった方や足が少し不自由な方も元気な笑顔でプレーを楽しんでおられました。また来年もここでお会いしましょう!役員の皆さん、ご苦労様でした。

広小4年生が石崎川に魚を放流

平成27年度河川浄化啓発活動の一環として、佐土原河川浄化推進協議会と石崎川水系環境保全対策協議会の共催で①小学生に対する学習、②稚魚の放流及び③JAスーパーでの啓発活動を行いました。広瀬小学校区地域づくり協議会は河川浄化推進協議会に属しており、定期的に町内河川の水質検査を実施したり、水質浄化マットの敷設などを実施しています。この日は小学校で4年生約120名を対象に支所から「川をきれいにするために」の講話があり、続いて広瀬郵便局前の石崎川に移動して、ウナギ稚魚4,500匹とふな稚魚2,500匹が児童の手で放流しました。うなぎ稚魚を手で捕まえて川に放流する時には大騒ぎ、児童たちは大喜びでした。この行事は毎年実施されています。ところで、講話が終わると子供が質問しました。「稚魚を放流すると川がきれいになるのですか?」この質問に貴方なら何と答えますか??

10周年記念 昔の写真展開催

 10月10日~12日の期間、広瀬小学校区地域づくり協議会設立10周年記念行事「昔の写真展」を広瀬地区交流センターで開催、多くの来場者で賑わいました。
小・中学生の作文・絵画「自慢したい広瀬について」や協議会10年の歩み、宮崎及び広瀬地区の昔の写真など約200点を展示、昭和39年オリンピック聖火ランナーが10号線を駆ける写真に「これは私だ!」と声を上げる人、昭和20年代の小、中学生のセピヤ色の集合写真を見て「私が写ってる!」と懐かしがる高齢者、写真の前で「にわか同窓会」となって当時を振り返るグループなど、会場は楽しい雰囲気でした。地域住民に喜ばれた思い出に残る記念行事になりました。関係者の皆さん、ご苦労様でした。

平成27年度文化芸能まつり

10月3日に広瀬小学校区地域づくり協議会主催の地域住民による「第5回文化芸能祭り」が開催されました。演目は、フラダンス、大正琴、日向木剣踊り、日本舞踊、演歌、小・中学生の演奏、キッズチアダンスなど、約500人の入場者が地域の文化芸能を楽しまれていました。閉めは「広瀬音頭」総踊りで、お楽しみの「抽選会」も盛り上がっていました。中学生のボランティアの皆さん、スタッフの皆さんご苦労様でした。皆さんも佐土原総合文化センターの舞台に立ってみませんか?個人、団体、演目は制限有りません。平成28年の参加をお待ちします。お問い合わせは広瀬小学校区地域づくり協議会(0985-73-1120)まで。

高鍋町のアカウミガメの保護活動を視察

 

 当協議会では石崎浜に産卵、ふ化するアカウミガメを保護しようと「子ガメ旅立ち観察会」を約10年間取り組んできましたが、本事業の取り組み内容について全面的に見直す必要があり、9月28日に高鍋町における「アカウミガメの保護活動」を視察させていただきました。高鍋町の活動は当協議会の活動とは大きく違っており、「社会教育課・文化係」が主管し、観光資源としての取り組みで無く、純粋に「自然保護」を意図した活動です。毎年夏休みの「放流会」には300~400人もの町民が集まるようです。砂浜は広くてゴミも少なく高鍋町の取り組み姿勢を垣間見ることができた有意義な視察でした。写真は蚊口浦、堀之内の海岸に構築された3ヵ所の「ふ化場」です。ここで卵を鳥やタヌキなどから保護し、約60日間でふ化した子ガメを海に戻すのです。今回の視察内容をを参考に当協議会での本事業への取り組みについて議論を始める計画です。

 
 

平成27年度第2回合同会議開催

9月24日(木)19時30分~広瀬小学校区地域づくり協議会の標記合同会議を開催、部会員約100名が参加して、5つの部会長が担当部会の上半期の実績報告と下半期計画を全員に説明しました。各部会は
①地域安全確保推進、②石崎浜、川再生利用促進、③ふれあい交流推進、④地域リーダー育成、⑤広報のそれぞれの事業に取り組んでいます。下期の主な事業は、①元気げんき祭り、②文化芸能祭り、③地域協議会10種年記念写真展示会です。全体会議の後、5つの部会に分かれて進め方について意見交換しました。平成26年度の「地域コミュニティ活動交付金活用事業評価委員ヒヤリング」で、「小・中学校との連携がこの地域づくり協議会の特徴になっている」と評価されました。
    ↓上2枚は各部会長からの説明、下2枚は各部会ごとの意見交換会の写真です。

平成28年度 広瀬中学校区成人式

早くも平成28年度成人式第1回実行委員会が開催されました。
この委員会のメンバーは広瀬小学校区地域づくり協議会、学校及びPTA、民生児童委員、保護者及び新成人代表者と交流センター職員3名の計22名でで構成されています。
①成人式開催日 H28年1月10日(日) 佐土原総合文化センターにて
②新成人予想人員 98名(昨年108名 参加率93.8%) 
③予算 233,000円
④式内容、各委員の担当等が決定されました。次回は12月11日です。

役員会開催

9月の定例役員会を開催しました。議題は・・・
①「Kinaiyo! フェスタ」(文化芸能祭り・10月4日(日)開催予定)の準備関連
 ⇒17組の個人、団体の日頃の練習の成果を発表して戴きます。場所は佐土原総合文化センター。
②協議会10周年記念展示会開催について
 ⇒10月10日~12日、広瀬小学校区内の昔懐かしい写真などを展示します。場所は広瀬地区交流センター。入場無料。
③自治会交流グラウンドゴルフ大会について
 ⇒10月25日(日)広瀬地区交流センター南隣り、1チーム5名の個人戦