包丁研ぎ講座を開催しました

10月16日(土)午前10時より、
講師に「研ぎヤス」木田泰生様、「ロッキーズ」田口幸弘様をお招きし開催しました。
昨年に続いての開催ですが当初予定から延期変更となり講師・参加者の方々には日程調整など感謝いたします。

さっそくテキストを見ながら「包丁の手入れと保管方法」スタートです。日々お世話になっている包丁ですが知らない事が多いのに気付かされました。

いざ研ぎへ・・・姿勢、包丁の握り方から押さえる手まで丁寧に教えていただきます。
刃先から刃元まで皆真剣「全集中」・・ばりをだしてかえす、ばりをだしてかえす、ばりをだしてかえす、、を繰り返します。ほんと奥が深いですね。

砥石は手入れ(平ら)、固定させる(安定)、手前を高く(やり易さ)など道具の準備・工夫の大事さを改めて学びました。


参加者のみなさま、
切れ味はいかがでしたでしょうか。
(報告:きょうど文化部・齋藤 和明)